専業主婦でも借りられるカードローン | 即日OKのキャッシング

どのような場合に借入を行うケースが多いのか

借入といえば、ひと昔は新車の購入、マイホームの購入、そして子供の学費といったケースが主です。

あとは結婚式などの費用で借入をするくらいであり、ほとんどが銀行から融資を受けるパターンとなります。

それ以外では、ギャンブルなどの娯楽などの浪費により、消費者金融などで借入するケースがほとんどです。
消費者金融といえば、取り立てが厳しい、利息が高いというイメージがぬぐいきれません。
よってネガティブなイメージが強いです。

 
ただ、今はタレントなどを広告塔にして、クリーンさを全面的に出しています。
サービスも豊富になり、利息も昔に比べると低めになっています。

借入や返済方法もネットが普及してから便利になり、周りに気付かれずに利用ができるようになりました。
返済の督促についてもドラマで出てくるように、自宅や職場にいきなり取り立てに来るというケースは皆無に等しいです。
ほとんどメールか、文書、そして本人に電話が入る位ですが、電話もよほどの事でない限り、かかってくることはありません。
そういった事もあり、様々なシーンで利用しやすくなりました。

冠婚葬祭などの、急な出費が生じた場合や、医療費の支払いの際も便利です。

医療費については、夜間や休日に救急外来を受診した際、保険証などが手元にないと、一時預かり金として医療費全額を預けなければならず、2万、3万というお金が必要です。
あとは急な飲み会の誘いなどでも利用するケースが見受けられます。

そしてギャンブルや投資をされる方も増えており、やはり借入金を使う方もいるようですが、自己破産に陥るケースが多いので、絶対に止めておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ