専業主婦でも借りられるカードローン | 即日OKのキャッシング

返済遅延や滞納をしてしまった場合

お金を借りる際は、きちんと返済期日を守るというのが大前提です。

したがって、返済額についても、無理な計画を立てないようにしなければなりません。

まずは月々どのくらいであれば返済できるかを計算してみて、それから借入を検討します。
絶対にこの金額分の借入が必要であるという場合で、とても月々の最低返済額分は支払えないという場合は、できればその必要なものは断念した方が、後々苦しくはありません。

ただ、一般的にはよほど贅沢な生活をしなければ、何十万も借入をする必要性はありません。

 
車や家などは、当然夫の名義で借入するのが通常です。

最も借入額が高額なのは家や学費、そして次が車です。
それ以外で必要な費用となると冠婚葬祭関係や医療費です。

したがって、目的が特定のものに限られていますので、夫名義で目的別カードローンをした方が損がありません。
そのため、専業主婦で大金を借りるというケースは通常ではあまり無い話ですし、借りてはいけません。

といいますのは、万が一返済遅滞や滞納をしてしまった場合は、夫など家族に知られることとなります。
よほどの事情であればともかく、自分の趣味などとなると、夫婦仲に支障もきたします。

それでも万が一返済が滞ることになった場合は、事前にその状況というのは予測がつくかと思いますので、カードローン会社に相談をしてみます。
何も相談が無く返済が滞った場合はかなりリスクが高くなりますが、あらかじめ事情を伝えておくと、利息は上乗せされますが、穏便に事が収まることもあるようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ