専業主婦でも借りられるカードローン | 即日OKのキャッシング

カードローンの使い道としてタブーなものとは

カードローンの使い道として絶対に選んではいけないのが、衣類などの衝動買い、ギャンブルや投資、娯楽費、通信販売の高額な美顔器や健康食品などの資金として使うことです。
これらの共通点は、感情の赴くままにお金を使ってしまうことがほとんどで依存性が高いものばかりだからです。

またこれらはストレス発散の手段にもなりうるもので、そうなると歯止めが効かなくなります。
最近では多いネットゲームの課金の資金として使うケースもありますが、止めておきましょう。

そしてもう1つの共通点が、これらは特に無くても生活ができるからです。
無くても生活ができるものに対してお金を借入までして手に入れようというのは、とても危険な考えといってもいいです。

 
これらはいわば贅沢品であり、パチンコや競馬など、あとは株の投資や最近流行りのFXなどは、余剰資金で行うのが鉄則です。
投資したお金が全て無くなるというリスクと紙一重になっています。

そして、人間の心理上、投資で失ったお金は何としてでも挽回しようと、更に投資をしてしまいます。
それでまたお金が無くなってしまうと、もう取り返しがつきません。

理性がある程度働き、制御ができる方は、程々で止めますが、感情的な人、負けず嫌いの人は、借入どころかギャンブル自体手を出すものではありません。

 
また、衣類や健康食品、美顔器の類は女性に多く、周りから綺麗に見られたいという気持ちから、段々と歯止めが効かなくなります。
高級なものを身にまとったりすることができますが、同時に借金も身にまとってしまうこととなります。

まさに麻薬のようなものといっても過言ではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ