専業主婦でも借りられるカードローン | 即日OKのキャッシング

カードローンの返済額について

カードローンの返済額は、多いところで月々5千円といったところです。
一方、キャッシングサービスですが、10万円程の借入であれば、月3千円から5千円位の返済でも可能です。

ただ、30万くらいの借入となるとカードローンの場合は5千円位の返済でも可能のようですが、キャッシングサービスとなるとそうはいかず、最低でも1万円程の返済義務が課されます。
その額を下回ってはいけないのです。
反対に返済額を増額するのはいくらでも構いません。

そのため、ボーナスや臨時収入が入った時は、多めに返済をすることで、利息分を節約することができます。
カードローンの場合は、返済額を増額することができないケースが多いです。
増額返済もできないことが多く、できるとすれば、残金一括返済という、現在借入をしている額を全て返済しなければなりません。

そして、返済期日を過ぎても返済ができない場合ですが、同じく、残金一括返済を課せられますので、かなりシビアです。
借入する際のいわゆる入口というのは入りやすそうに見えますが、返済、いわゆる出口から抜け出すのは容易ではないということです。

また、月々の返済額が少ないのは一見負担が少なそうですが、利息がしっかり上乗せされているので、最終的に支払う額というのは、月々の額が少額なだけに気付きにくいかもしれませんが、元々借入した額、つまり元金よりはるかに上回る多額を返済することとなるのです。

カードローンはとても便利ですが、きちんとした目的を持ち、借りたお金が無駄にならないような使い方をしなければ、全く意味はありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ