専業主婦でも借りられるカードローン | 即日OKのキャッシング

冠婚葬祭などの急な出費の際に活用する

特にお金を浪費しているわけでもないのに、急にお金が必要になり、手持ちが無いと困るシーンは誰でも経験があるかと思います。

最も多いのが冠婚葬祭、特に弔事などは、翌日、翌々日に急に予定が入り、香典を準備しなければなりません。
お金が無いので参列できないでは社会人失格です。

そして、収入が入った時にまとめて返済しておけば、さほど利息も負担になるような額にはなりません。
あと結婚式も招待状が届くのは、早くて1カ月前で、多くの場合が結婚式より1カ月を切った位です。

ほとんどの企業では月に1回、給与が支給されますので、招待状が届いた時には間に合わなかったり、毎月ごとに予算を組んでいる人にとっては予測もつかない出費となります。
弔事の場合は香典だけであれば5千円から1万円位ですが、喪服を持っていないとなると、プラス数万円の費用が発生します。

そして結婚式となると、ほとんどの場合祝儀だけでは済みません。
祝儀も参加しない場合で1万円程、参加する場合は最低でも2万円というケースが多いです。

更に二次会の参加、交通費、そして女性の場合は衣装代、ヘアセット代、着付けなどの費用がかかり、結局10万円近い出費が発生することとなります。

結婚式のケースも、仕事が入っているという以外は基本的に参加するのが常識ともいえます。
仕事で参加できない場合も、1万円程の祝儀を渡したり、新郎新婦と親しい場合は、別途お祝い品を贈るケースも多いです。

 
こういった急で、しかも必要な経費といった類のものにおいては、カードローンサービスは非常に役立ちます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ