専業主婦でも借りられるカードローン | 即日OKのキャッシング

専業主婦カードローンを利用するときの制約とは

専業主婦がカードローンを利用するにおいては、他のカードローンでも同じですが、いくつかの条件があります。

まずは扶養に入っていることで、収入も無収入で無いといけない場合もあれば、ある程度の範囲内の所得であれば利用可能というカード会社もあります。
そして、収入によっては返済時に発生する利息が異なる場合もありますので、利用する前に問い合わせをしておいた方が無難です。

また、借入の際は専業主婦である本人の所得状況だけではなく、夫の所得も申告が必要となります。

判定基準としては、本人と夫の所得と、扶養に入っているかいないか、そして過去に返済遅滞をしていたり、自己破産歴が無いかで融資可否を決めることとなります。
また、家や土地などの不動産をどのくらい所有しているのかも確認されます。

ここで注意しなければならないのは、不動産においては、何らかの担保に設定されている場合は審査に通らないことがあります。
 
そして、本人は返済遅滞を過去にしていなくても、夫が過去に返済遅滞をしていた場合や、夫がいくらかの借入をしている場合については、更に審査の通貨が難しいと思っておいた方がいいです。

 
本題から少し外れますが、借入を行う際に、本人だけではなく、夫の財産状況、借入状況などが公になってしまい、夫婦仲に悪影響を及ぼすケースも少なくはありません。

借入を考えている方は、本当に借入が必要なのか、今一度自問自答してみて、即決せずにひと呼吸入れてから結論を出すべきといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ